中絶手術という選択

性行為さえあれば、月経不順であっても、避妊をしていても妊娠する可能性があります。
それが予期せぬ妊娠であった場合、どうしても出産は無理ということがあるかもしれません。その時には、日本では薬での妊娠中絶は認められていないので、手術をすることになります。
 人工妊娠中絶は、法律で実施が出来る時期や条件が決まっています。
中絶可能な時期は妊娠22週未満。
それを超える妊娠は中絶することが出来ません。妊娠した時の最終月経を妊娠0週0日として週数を計算したり、胎児の大きさで週数を決定します。

中絶手術には初期中絶と中期中絶があります。

  • 初期中絶・・・妊娠12週未満
  • 掻爬(そうは)あるいは吸引という方法の手術で中絶
  • 中期中絶・・・妊娠12週以上22週未満
  • 初期中絶と同じような手術か、胎児が大きい場合陣痛と同じように子宮を収縮させる薬を使って出産と同じ方法で中絶をします。

法的には、戸籍には残らないものの埋葬許可が必要です。中期中絶の実施は入院施設がある病院での実施が必要です。

当院での手術方法

*痛みを伴う処置は極力行いません

「静脈麻酔」という点滴から眠ったり痛みを取るための薬が入り、眠った状態で手術を行います。
麻酔の前に子宮の入り口を広げる処置(頸管拡張)を行う施設もありますが、痛みを伴う処置のため当院では眠った後で行います。手術中は眠っているので痛みを感じませんが、麻酔の効き方は個人差があるので、効き方を見ながら薬の量を調節しています。

*子宮への影響が少ない方法で手術します

子宮の中の妊娠組織を出すために、麻酔が効いてから必要最低限の頸管拡張を行います。
手術方法にはスプーンのようなものでかき出す掻爬法と、管を挿入して吸引して出してくる吸引法があります。WHOの安全な人工妊娠中絶手術の指標として吸引法を用いることが推奨されています。
これは手術に伴う子宮に穴があく穿孔や、子宮内膜より深い子宮組織へダメージを与えるリスクが掻爬より低く、術後の合併症や今後の妊娠に与える悪影響を極力減らすことが出来るからです。
また、掻爬で使用する道具より小さい管で処置できるため、手術中の痛みも減らすことが出来ます。

一般的な手術経過

手術中は痛みを伴いませんが、手術後1週間程度は月経の時のような痛みや出血が続くことが多いです。また、子宮の中に少しずつ血液がたまり、術後数日後に子宮が収縮して外に血液が排出されることもあります。
この時は強い子宮収縮のため月経痛より強い痛みになることや、血液が出る前に高熱が出ることもあります。つらい場合は鎮痛剤を併用します。
※ 手術1週間後、手術の経過を確認させていただくため受診していただきます。

手術後の人生

中絶したくて妊娠する女性は誰もいません。

自分は大丈夫、とか月経不順で妊娠しづらいと思っていた。パートナーが避妊に協力してくれない。妊娠してもいいと思っていたけれど、妊娠したら、パートナーからおろすように言われた、連絡が取れなくなった。

これまで、手術を受けた女性からよく聞かれる言葉です。

避妊には正しい知識が必要。

でも、それを実行できるパートナーとの関係も重要。そして、避妊しているつもりでも、どれも100%の避妊効果はない。
 予期せぬ妊娠で手術することになってしまった女性の多くがこころとからだに大きなダメージを受けています。自分を責める人もいるかもしれません。
二度と同じ思いをしないで済むよう、今、出産することが難しい時期なら、少しでも確実性の高い避妊方法を提案したいと思います。そして、パートナーが避妊に協力してくれない関係性があるなら、今一度、お互いを大切に思う良いパートナーシップを結べているか見直してみてもらいたいと思います。

性行為は愛情表現の一つとして重要なものでもあります。パートナーと対等な関係の中で、安心して愛情を伝えあい、これからの人生が充実したものになるよう応援していきたいと思います。